それぞれの両親にごあいさつ

それぞれの両親に結婚することを伝えたら、今度はお互いの両親へご挨拶に。
挙式までに十分な期間を設けた方が納得のいく結婚式を挙げられるので、出来るだけ早めにご挨拶しておきましょう。

ちなみに、女性側の家に男性があいさつした後に男性側の家へ女性があいさつに行くという形が一般的です。
もちろん、そういった古くからの慣習は特に気にしない、という方もいらっしゃるでしょうが、ここは慣習にならって女性側の家へ先にあいさつに伺った方が無難でしょう。

相手方にあらかじめ訪問する意向を伝えておく

女性側の両親へ挨拶に伺うのであれば女性側の、男性側の両親へ挨拶に伺うのであれば男性側のご両親が、揃って時間に余裕のある日時でなければそもそもお話になりません。
まずは女性(男性)が女性側(男性側)の両親の予定を確認して、都合のいい日を押さえておきましょう。

なお、日付に折り合いをなかなかつけられずに挨拶の機会をすぐに設けることが出来なかったっり、男性側と女性側の両親への挨拶の順番を逆にしたり、などと言うことは間々あるようです。
何があっても柔軟に対応できるよう、おふたりの方が融通を利かせられるようにしておきたいところです。

オトクに結婚式場が探せる!

特典満載!結婚式場探しはマイナビウエディング

婚約の最新記事