訪問前にチェックしておきたいこと

訪問する日付が決まったら、結婚したいと思っています!と相手のご両親に伝えるだけ、なのですが。
その前に、訪問の際に気をつけておきたい点をしっかりとチェックして、準備を万端に整えておきましょう。

相手のご両親に伝えたいことをまとめておく

前々からお付き合いがあってご両親と面識があったとしても、もちろん初めて顔を合わせる場合でも、改まって結婚のお願いのためにお会いするとなると少なからず緊張するものです。
実際、

  • 前もって結婚情報誌や参考書を熟読して勉強していたのに、彼の口から「結婚したいと思っている」という言葉がなかった
  • 自分は緊張、親御さんは無口で、会話が弾まなかった

などといった体験談も見られます。
せっかくのご挨拶をネガティブな印象で終わらせないためにも、絶対に相手に伝えたいことを決めておきましょう。

また、ご両親の性格やどういうことに興味を持っているか。
自分のことでどんなことを聞いておきたいと思っているかなどを事前にパートナーにリサーチして、何を聞かれても慌てずに答えられるように心の準備をしておくのもおすすめです。

訪問時の服装は清潔感を重視

人は見かけによらぬもの…とは言え、やはり、よく知らない相手を見るとまずは見かけで判断してしまいがち。
ましてや、それが自分の子供の結婚相手となると尚更です。
挨拶に伺った先で、「だらしなさそうだな…」とか「チャラチャラしてるけど、本当にこの人で大丈夫?」などとご両親に要らぬ心配をかけさせないためにも、清潔感のある落ち着いた服装を心がけましょう。

男性であればフォーマル(礼服)ではないスーツが、女性であれば派手ではない落ち着いた雰囲気のワンピースなどが一般的のようです。

お土産はご両親に喜んでもらえそうな物を

よほど込み入った事情でもない限り、手ぶらで挨拶に伺うよりも手土産を持って伺った方が、ご両親に与える印象はいいものです。
とはいえ、用意したお土産がご両親の趣味ではなかったり、苦手な物だとしたら、せっかくの気持ちうまく伝わらずに渡した方ももらった方も篇に気を遣う結果になってしまうかも知れません。

こんなちょっとした掛け違いを避けるためにも、あらかじめパートナーにご両親の好きな食べ物や、何を持って行けば喜んでもらえるのかなどを確認して、喜んでもらえるお土産を持って行けるようにしておきましょう。

オトクに結婚式場が探せる!

ゼクシィ

婚約の最新記事