信者ではない一般のカップルでも教会で結婚式できる?

新郎側、新婦側、もしくはおふたりともにキリスト教徒ではない場合、きちんとした教会(ホテルや式場に併設されたチャペルではなく教会堂や聖堂のようにキリスト教徒のための祈りの場として独立して機能している建物)で結婚式を挙げることが出来るのでしょうか?

言葉として教会婚という言葉があるとおり。
結論から言えば、挙げさせてもらえる場所もある、です。

ここでは、どんなケースでなら挙げさせてもらえるのかを、大まかではありますがご紹介します。

本来、祈りの場であって結婚式の場ではない

教会の扉を開くと教壇へとまっすぐに通路がのびていて、その両脇にたくさんの椅子、そして窓にはとりどりのステンドグラスが…というのは、私自身が教会に抱いているいかにもステレオタイプなイメージですが。
そういう荘厳だったり、素朴だったりするような、教会が醸し出している雰囲気に包まれて結婚式を挙げたい!と思う人も少なからずいらっしゃると思います。

ですが、教会とは本来、信者の方が通って礼拝を行う祈りの場。
結婚式を挙げられるのは、基本的には信者の方であることを前提に考えるようにしましょう。

条件付で式を挙げることも可能

まず、新郎新婦のおふたり共に信者であった場合ですが。
もちろん教会で結婚式を挙げさせてもらえる(もしくは可能性が高い)でしょう。
その場合は、普段お世話になっている教会の神父様や牧師様に相談して、色々指示を仰ぐ方がスムース且つ無難です。

次に、新郎もしくは新婦のどちらかだけが信者だった場合。
神父様や牧師様の了解をいただくのはもちろんですが、それ以外に一定期間(回数)結婚講座を受けることで挙式が可能になることが多いようです。
普段お世話になっている教会にまずは相談しましょう。

最後に、おふたり共に信者ではない場合は基本的にはNG…だと思われます。
が、信者ではない方にも門戸を開き、挙式の場として提供してくれている教会もあるようですので、特定の教会にこだわらないのであれば、対応してくれる教会を片っ端から当たってみれば受け入れてくれる場所もありそうです。

いずれにせよ「出来ることが普通」ではなく「できないことが普通」という感覚で臨んだ方が無難です。

オトクに結婚式場が探せる!

ゼクシィ

式場・会場の最新記事