神前結婚式ってどんなスタイル?

日本古来の結婚式や神道から大きな影響を受けて執り行われている神前式の挙式スタイルです。
三三九度や玉串奉納などの儀式、白無垢や紋付き羽織袴などの衣装、そしてなによりも日本ならではの伝統美が満ちあふれた独特な雰囲気がとても魅力的です。

神社やホテル・式場内に設置された神殿にて式が行われます。
神前式というと以前は式の参列は親族のみ…というイメージがありましたが、近頃では親族だけではなく友人の参列が認められているところもあるようです。

神前結婚式の流れ

入場

巫女の先導で入場

修祓の儀

神職による身を清めるためのお祓い

斎主一拝

神への敬意を表し、斎主と共に神殿に向かって一礼

祝詞奏上

斎主が神へ、結婚の報告と結婚を祝う祝詞を読み上げる

三献の儀

三三九度ないし、回数を抑えた儀式

誓詞奏上

新郎新婦が神殿に向かって誓いの言葉を読み上げる

玉串奉奠

神殿に玉串を捧げる

指輪の交換

巫女が持ってきた指輪を交換(本来の神前式にはなかった儀式。今では一般的)

親族固めの杯の儀

親族全員が起立して御神酒を飲み干す

斎主一拝(あいさつ)

斎主に続いて神殿に向かって一拝

退場

神職から順番に退場

神前式のメリットとデメリット

人によってメリットorデメリットの感じ方はまちまちのようですが、大体まとめてみると以下のように集約されるようです。
メリット

  • 日本ならではの雰囲気と儀式を堪能できる
  • 厳かな気持ちで、寄り深い結びつきを感じることができる
  • 後々、お宮参り等の行事もお願いしやすい
  • 白無垢はある程度なら体型を隠しやすい

デメリット

  • 作法を覚えるのが大変
  • 白無垢が思ったより重い
  • 夏場は暑そう
  • 披露宴会場への移動が手間

日本にしかない雰囲気を望むなら神前式

どちらかと言えば手軽で、とても華やかなイメージの教会式の方が挙式スタイルとしては圧倒的に人気がありますが。
元々、憧れていたという人はもちろんのこと、新しい門出を厳かに迎えることができるスタイルを希望している人におすすめです。

オトクに結婚式場が探せる!

ゼクシィ

挙式スタイルの最新記事