キリスト教式結婚式ってどんなスタイル?

キリスト教徒の結婚式および、キリスト教徒の結婚式スタイルを模して行われる結婚式です。
ウェディングブーケを手にウェディングドレスを身に纏い、バージンロードを歩いて誓いの言葉を交わしたり指輪の交換をしたり。
参列者に見守られ、華やかでありながら厳かな雰囲気がとても魅力的です。

ちなみに、日本で行われるキリスト教式の結婚式のほとんどは、キリスト教徒の結婚式スタイルを模したタイプの結婚式です。
そのため、結婚式場やホテル内に作られた特設のチャペルにて式が行われることがほとんどのようです。

キリスト教式(教会式)結婚式の流れ

参列者入場

参列者が入場した後、挙式の司式者である牧師(もしくは神父)が入場

開式の辞

牧師(神父)が開式を宣言

新郎の入場

新郎が入場し、祭壇(聖壇)前で新婦を待つ

新婦の入場

神父が父親と共に入場。
新婦の父から新郎へと新婦の手が預けられて、新郎新婦が並んで祭壇(聖壇)前へ

賛美歌斉唱

参列者全員起立したまま、一同で賛美歌を斉唱

聖書朗読・祈祷(きとう)

牧師(神父)が聖書の中から婚姻にふさわしい教えを朗読し、神に祈りを捧げる

誓約

牧師(神父)の問いかけに、新郎、神父の順に誓う

指輪の交換

ふたりの誓約の証として、新郎から新婦へ、神父から新郎へ、互いの左手の薬指に指輪をはめる

ベールアップ

新郎が新婦のベールをあげて、誓いのキスをする

結婚宣言

神の名の下で、牧師(神父)が新郎新婦が夫婦となったことを宣言

結婚証明書に署名

新郎新婦、証人(もしくは司式者)が結婚証明書に署名

結婚成立の報告・閉式の辞

牧師(神父)が婚姻が成立したことを参列者に報告し、閉式を伝える

退場

新郎新婦が腕を組んでバージンロードを歩いて退場

教会式のメリットとデメリット

人によってメリットorデメリットの感じ方はまちまちのようですが、大体まとめてみると以下のように集約されるようです。
メリット
・友人にも式に出席してもらいやすい
・ウェディングドレスを着られる
・バージンロードを歩ける
デメリット
・式場によっては費用が高めのところもあり
・教会で挙げる場合、挙式できない日がある
・教会で挙げる場合、教会に通って結婚講座に出席しなければならないところもある

華やかかつ厳かな雰囲気を望むなら教会式

日本で行われる結婚式スタイルの中で圧倒的に人気を博しているのがこの教会式。
純白のウェディングドレスを纏いバージンロードを通って厳かな式を執り行った後は、ブーケトスやライスシャワーなどといった参列者の方を交えた華やかな演出を楽しむことが出来、ロマンチックなスタイルを希望している人におすすめです。

オトクに結婚式場が探せる!

ゼクシィ

挙式スタイルの最新記事