まずは招待したい人をリストアップ

式の規模を決定する際にざっくりと決めてあった招待したい人を、招待状を発送するタイミングに入ったら具体的にリストアップしていきましょう。

リストアップは式の2、3ヶ月前には済ませておく

挙式から逆算的に考えて、招待状発送から招待者からの返信待ちに約1ヶ月。
引き出物の本予約やプチギフト等の手配、諸手続、諸準備の最終段階に入ったりなど、総仕上げに約1ヶ月。
これらを踏まえると、招待状は2ヶ月前には発送できる状態にしておかなくては、後々かなり厳しくなってきます。

ですので遅くとも発送から半月~1ヶ月前、つまりは挙式まで2ヶ月半~3ヶ月前ぐらいには、新郎・新婦側共に誰を招待する予定なのかをほぼ確定しておきましょう。

式のコンセプトに合わせて優先順位をつけながら選定

親族だけでコンパクトに、会社の人を呼んで格式高く、友人をたくさん呼んでフランクになどなど。
予定している結婚式のイメージに合わせて、優先順位をつけながら呼びたい人をピックアップしていきましょう。

あの人も、この人も…と増やしていって想定していた数を超えてしまうことも多々あります。
お互いに折り合いをつけて、予定していた招待数に調整できるのであればそれがベストなのですが、場合によっては会場の規模を変更して対応することも考えられます。
招待状の発送は2ヶ月前でも、可能であれば招待客の選定はできるだけ早く済ませておいた方が無難です。

招待したい人には事前に報告やお願いを

ぜひ出席して欲しい友人や知人、スピーチなどをお願いしたい方など。
招待状をお送りした段階では予定が付かなくて欠席…ということを避けられるよう、事前に結婚の報告や招待させていただきたい旨を、あらかじめお伝えしておきましょう。

オトクに結婚式場が探せる!

ゼクシィ

招待客・招待状の最新記事